「毒」と聞いて、あなたはどんな印象を持ちますか?
多くの人は、毒といえば「自分にとって危険な物」と考え、薬と聞けば「自分を助けてくれるもの」と考えるのが普通かもしれません。

今回ご紹介するのはその2つについての化学の本、『毒と薬【すべての毒は「薬」になる?!】』(http://www.shin-sei.co.jp/np/isbn/978-4-405-10805-9/)です。著者は薬学博士の鈴木勉氏。

第1章の冒頭にこのような記述があります。
―ある物質が生物に与える作用が、好ましい場合、薬と呼ばれ、好ましくない場合に、毒と呼ばれる。同じ物質でも、用法や容量によって毒にも薬になり得る。―

―実際には毒と薬は表裏一体で、使い方によってはどちらにもなり得る。―

つまり、薬も毒も同じ!なんですね。
日頃から薬の副作用に関心があり、薬を飲まない人は毒に縁遠いかというとそうではありません。身の回りにある毒として以下のものが紹介されています。

【身の回りにある毒】
・コーヒー、酒、タバコ、フグ、毒キノコ、サソリ、洗剤、ヒ素、麻薬、トリカブト、排気ガス など

 

いかがでしょうか?トリカブトや毒キノコは街中でそうそう出会うものではありませんが、洗剤や排気ガスなど日常生活で意識しないで存在しているものもあります。私たちの身の回りにはなんと毒が多いのかと驚きませんか?

水や、塩、砂糖など日頃から口にしているものでさえ、過剰になれば死に至ります。(これは、かなり急激に“過剰”な状態になった場合です。)
本書では、こういった毒がどういう経路で体内に入り、どのように作用するのかがわかりやすく書いてあります。そして、この毒から人間は薬を作り出してきたというのですから、なんともたくましいですね。

第3章では薬について。薬が良いとか悪いという議論ではなく、化学的にどういうものか?という観点での記述なので、どの病気に、どの薬が、どのような効果を発揮するのかを理解するのに役立ちます。

コラムでは「市販の薬との危険な食べ合わせ」として、まさに薬と毒が表裏一体であることをまとめた表が載っています。

例えば、
・ニンニクとイブプロフェン配合の薬を一緒にとると胃が荒れて痛みがでる
・マグロ、ブリ、サンマなどの魚と葛根湯は体内のヒスタミン量が増加して中毒症状がでる

など、うっかりすると薬が効きすぎる、または中毒症状が出てしまうこともあるようなのでご注意を!

「毒」と聞くと特殊なものと思いがちですが、実は私たちの身の回りにたくさんあることが分かる本書。知っておくと、いざという時に対処しやすいのではないでしょうか。

▼おすすめポイント▲図や写真が豊富で読みやすい!また、昨今の芸能ニュースでよく話題になる「麻薬」について、「自然界の毒」、毒が兵器として使われた「地下鉄サリン事件」や2つの毒を使った事件「トリカブト保険金殺人事件」など、化学に興味がなくても読みやすい項目もたくさんありますよ。

 

『毒と薬【すべての毒は「薬」になる?!】』 鈴木 勉/新星出版社
はじめに
プロローグ1 世にも危険な有毒生物
プロローグ2 世にも危険な毒図鑑
第1章 毒の基本
第2章 毒と体
第3章 薬の基本

第4章 人間を虜にする麻薬
第5章 自然界の毒
第6章 毒と社会
第7章 毒・薬を求めて
第8章 毒と薬の事件ファイル
http://www.shin-sei.co.jp/np/isbn/978-4-405-10805-9/

 

服部友紀子 (水:蠍座)
このコラムニストのプロフィールはこちら

服部友紀子

 



このコラムニストの記事一覧

毒か?薬か?毒を知って現代社会をサバイバル!

  「毒」と聞いて、あなたはどんな印象を持ちますか? 多くの人は、毒といえば「自分にとって危険な物」と考え、薬と聞けば「自分を助けてくれるもの」と考えるのが普通かもしれません。 今回ご紹介するのはその2つについ…

コメントなし

何のための健康情報なのか見失っていない?気楽に元気をめざす♪

  テレビや雑誌で目にするたくさんの「体にいい♪」という情報。あなたは片っ端から試してみるタイプでしょうか? 今回は、巷の健康情報や現代医療に右往左往する私たちが「はっ!」とするような一冊をご紹介します。 『健…

コメントなし

塩を知り、塩を選ぶ。あなたは自分に合った塩を選んでる?

  当たり前のように家庭にある調味料の一つが塩。家に塩がない、という方はいらっしゃらないと思います。 メディアでは「高血圧は塩分の取り過ぎが原因」という健康情報を目にすることが多いので、何となく「塩」にマイナス…

コメントなし

ランニングがカラダに悪い!?自分のカラダを知って正しいケアをする

  30代、40代になると「残業が続くと疲れるなぁ。」「昔と違って体力がなくなった!?」と感じ、「何か健康にいいことしなきゃ!!」と思って運動をしている方は多いかもしれません。このサイトをご覧になっている方は健…

コメントなし

「色」でごはんを食べる『色献立』のススメ

  毎日の食事を作るとき、みなさんはどのように献立を考えますか? 健康に気を付けている方なら、食材の栄養素を考えて献立を組み立てていらっしゃるかもしれませんね。「○○が××に良い!」という情報に触れて、それらを…

コメントなし

テイクアウトの紙コップ入りコーヒーで太っちゃう!?「オビソゲン」って何?

  ダイエットをしてもなかなか痩せない時、その原因が食べ過ぎや運動不足ではないと言われたら、あなたはどう思いますか? 今回紹介する本『太りたくなければ、体の「毒」を抜きなさい』では、「オビソゲン」が肥満を引き起…

コメントなし

あなたも現代の魔女になれる!?魔法の秘密を覗いてみませんか?

  「魔法が使えたらいいな♪」と思ったことはありませんか? 魔女と聞くと、「魔女狩り」という言葉の印象ではなんとなく暗い感じもしますが、魔法使いのハリー・ポッターを思うと、空を飛んだり姿を消したり、なんだか楽し…

コメントなし

宣伝文句に踊らされていない?これまでのスキンケアを振り返る

  「最近、肌の調子がイマイチなのよねー。噂のあのコスメ、試してみようかなー。」 「やっぱりオーガニックが一番!肌に優しい感じ♪」 女性は、メディアに掲載されている情報を頼りに化粧品を購入している方も多いでしょ…

コメントなし

漫画で楽しむ「エレメント・マトリックス®」後編

  前編はいかがでしたでしょうか? エレメントの特徴をイメージできましたでしょうか?前回に引き続き、漫画『スラムダンク』を使ってエレメント・マトリックス®をみていきましょう。今回は後編(土と水のエレメント)にな…

コメントなし

漫画で楽しむ「エレメント・マトリックス®」前編

  このサイトで紹介されている「エレメント・マトリックス®」。聞きなれない方もいらっしゃるかもしれませんね。 ここでは、ホロスコープでお馴染みの「12星座を火・土・風・水の四大元素=4つエレメントに分類したもの…

1件のコメント

1日を有効に使うヒント。脳のパフォーマンスを上げる

  おすすめ書籍のご紹介です。 今回紹介するのは、『疲れない脳をつくる生活習慣-働く人のためのマインドフルネス講座』です。 https://presidentstore.jp/books/products/de…

コメントなし

そのダイエット法で大丈夫?からだの仕組みを知って綺麗にやせる

  おすすめ書籍のご紹介です。 今回紹介するのは、『いまこそ、やせたい人は食べなさい!』(講談社)です。 http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=97840621…

コメントなし

色、いろいろ。色彩の効果

おすすめ書籍のご紹介です。 今回紹介するのは、『カラー・セラピー 色彩の神秘力 新装版』(ビイング・ネット・プレス) です。 http://www22.big.or.jp/~bnp/ お洋服を選ぶ時やメイクをする時、「今…

コメントなし

ちょっと考えてみよう。病気の捉え方

おすすめ書籍のご紹介です。 今回紹介するのは、『「自己治癒力」を活かす生き方 9割の病気は自分で治せる』(中経の文庫)です。 http://www.kadokawa.co.jp/product/201216006111/…

コメントなし

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Please Login to Comment.